【米朝首脳会談】 キム委員長「非核化の意志なければ来なかった」

1: 豆次郎 ★ 2019/02/28(木) 13:56:13.10 ID:FTtX2T0a9
CB18FCC4-EB90-4D78-B324-69A02D8CECD0
 
2019年2月28日 13時50分
アメリカのトランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長による2日目の首脳会談がベトナムの首都ハノイで開かれ、キム委員長は記者団に対して「非核化の意志がなければここに来なかっただろう」と述べ、非核化の意志を改めて示しました。両首脳は、会談の結果を踏まえて日本時間の28日夕方、合意文書に署名する予定で、非核化が進展するのか注目されます。

トランプ大統領とキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長による2日目の首脳会談は、ベトナムの首都ハノイのホテルで、午前9時前、日本時間の28日午前11時前から行われ、昼前からは側近を交えた拡大会合が開かれています。

拡大会合では、キム委員長が記者からの「非核化をするのか」という質問に対して、「そのような意志がなければここに来なかっただろう」と述べ、非核化の意志を改めて示しました。

そのうえで非核化に向けて具体的な措置を準備しているのかという質問には、「その話をしている」と述べるにとどまりました。

一方、トランプ大統領は、「両国に連絡事務所を設けるのか」という質問に対して「双方にとっていいアイデアだと思う」と述べたのに対し、キム委員長も「たぶん歓迎してもよいことだと思う」と応じ、米朝双方が互いに連絡事務所を設置する案に前向きな考えを示しました。

両首脳は、このあと、昼食を共にし、日本時間の午後4時過ぎから今回の首脳会談の結果を踏まえた合意文書に署名する予定です。

北朝鮮の非核化をめぐっては、1回目の首脳会談の後、アメリカが、北朝鮮にすべての核兵器と核施設のリストを提示する「申告」を迫ったのに対して、北朝鮮が応じず、こう着状態が続いてきただけに、今回の首脳会談で非核化が進展するのか注目されます。

NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190228/k10011831061000.html


続きを読む