【経済】韓国の製造業に赤信号 韓中の技術格差が1年以下に縮まる

1: 動物園φ ★ 2019/04/15(月) 18:10:31.91 ID:CAP_USER
 中韓
【コラム】中国が停滞する今、製造強国への再飛躍の機会だ=韓国
2019年04月15日15時53分

中国の製造競争力が強まり、韓国の製造業に赤信号がついている。韓中の技術格差は2010年の産業平均2.5年から2014年には1.4年、現在は1.0年以下に縮まった。特に未来の工場をデザインするスマート製造分野は格差が0.6年にしかならない。自動運転車、バイオヘルス、知能型ロボットなど新産業分野では革新成長の力量が中国に遅れを取っているという声まで出ている。

価格競争で劣勢になり、技術格差も縮まれば、製品の競争力が落ち、輸出にも問題が生じる。輸出全般の競争力を表す貿易特化指数は韓国が0.18で中国の0.12よりも高いが、自動車・スマートフォンの中国販売急減から分かるように輸出競争力が弱まる主力産業が増えている。

韓国はどう対応すべきなのか。まず、長期的・体系的な政策の準備が要求される。インダストリー3.0があるが、名前からして第4次産業革命とは合わないという印象を与える。中国は5カ年経済計画を出すたびに強力かつ一貫した産業高度化政策を展開してきた。その白眉は2015年に樹立した「中国製造2025」政策だ。ドイツの「インダストリー4.0」戦略をベンチマーキングしたもので、10大戦略産業を選定し、2025年までに労働集約から技術集約に、低付加価値から高付加価値に、大規模な生産から大規模な個別向け生産へと急速に転換するという野心的な計画だ。米中貿易戦争のきっかけになったが、強力な中国の製造競争力を世界に知らせる契機でもあった。

中央日報
https://japanese.joins.com/article/368/252368.html?servcode=100&sectcode=120


続きを読む