【日中友好】中国海軍観艦式 日本からも7年半ぶりに護衛艦派遣 米国「見送ります」

1: ガーディス ★ 2019/04/20(土) 17:39:34.69 ID:IIghQH+B9
5CEF51CE-99F8-4FB6-95A9-0CBBF51C01CC
 
2019年4月20日 17時14分
中国海軍観艦式 日本からも7年半ぶりに護衛艦派遣
2019年4月20日 17時14分

中国海軍は創設70周年を記念して来週行う国際観艦式について記者会見し、空母や新型の潜水艦に加え、日本を含む10数か国からも艦艇が参加することを明らかにしました。

中国海軍は来週23日に山東省の青島で海軍の創設70周年を記念した国際観艦式を行うのを前に、20日、邱延鵬副司令官が記者会見を行いました。

それによりますと、観艦式には中国がウクライナから購入して改修し、現在、唯一配備されている空母の「遼寧」に加えて、新型の原子力潜水艦や駆逐艦、それに戦闘機なども参加するということです。また外国からは、ロシアやタイ、ベトナムやインドなど、10数か国が艦艇を派遣することを明らかにし、邱副司令官は「世界に向けて平和と発展を守る固い決意を示す」と強調しました。

今回の観艦式には、日本も中国との関係改善を進める中、およそ7年半ぶりに海上自衛隊の護衛艦を派遣することにしています。

中国としては海軍の増強をアピールして国威発揚につなげる一方、各国とも協調する姿勢を打ち出し、中国の軍事力に対する国際社会の警戒をやわらげるねらいもあるとみられます。

一方、アメリカは艦艇の派遣を見送りました。その理由についてアメリカ軍の関係者は「南シナ海で中国が軍事拠点化を進めるなど中国の軍事力増強への懸念が背景にある」と話しています。

NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190420/k10011890581000.html


続きを読む