和「ひらり」

1 : 以下、名…2010/05/03(月) 11:28:22.80 1E8rGNzgP 1/9

例えば平沢唯は私の親友だ。

未だにこうして連絡を取り合っていると、私たちはちっぽけなどこかで繋がっているのだと実感する。

まぁ、今回は私から電話をかけたのだけど。

「もしもし、唯ー」

「もしもーし。和ちゃん?」

「そうよ。今平気かしら」

「うん、まぁ一応大丈夫~」

変わらない不抜けた声に安堵を覚える。

ちょっとした企みのために、私はこうやって電話をしている。

昔は、物覚えのつく頃から高校まで同じ土地で暮らしてきたのだけれど、今ではすっかり別々の街で暮らしている私たち。

生活や環境や、その他もろもろのご近所事情すら把握しきれない近況。

あの頃なら考えもつかなかったことを、今では当たり前のように受け入れてしまっている。

いつまでも依存してはいられないということだ。お互い様に。

「今度の日曜にデートしましょう」

私からびしりとを打った。

「おおぉ! 珍しいね、和ちゃんがデートなんて言葉使うなんて」

「普通そっちに注意を向ける?」

「あはは、ごめんごめん。和ちゃんと会うの何ヶ月ぶりかなぁ」

「そうねぇ……だいたい三ヶ月くらい?」

「そんなに顔見てなかったんだ」

「そんなにって、大して長い時間でもないでしょう。今となっては」

大人になるにつれ時間の流れが早く感じ取れるようになる、という一般論がある。

かくいう私はというと立派に成人した大人であるから、

最近では一日があっという間に過ぎることによる驚きさえも既に通り越して完全に慣れきってしまっているのが現状だ。

キャリアウーマンもオフィスワークも楽じゃない。肩書きの響きが横文字で格好良いくらいだ。

あの頃が懐かしい。無邪気さと好奇心だけで満たされていて、時間なんて寸分も気にしなかった時代が羨ましい。

続きを読む