【韓国】「憎くて遣る瀬なくても韓国は日本と親しくなれ」「アベが米大統領にどんな入れ知恵するか気になる」 (中央日報主席論説委員)

1: ■忍法帖【Lv=17,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2019/03/15(金)22:34:19 ID:???
kr250

(略)… 日本は気に入らない隣国だ。我々に癒されない傷を負わせ、まだ明確な謝罪がない。
だからといってなくなることを願ってもなくなりはしない。米国、中国に次ぐ世界3大経済大国として
日本の力と外交力は厳格に存在する。文大統領が金正恩(キム・ジョンウン)委員長といくらうまくいっても
日本を無視してはいけない理由だ。30年前のドイツ統一の過程はその理由を説明する。

統一ドイツは「ゲルマン民族同士」で実現させたのではない。第2次世界大戦の敗戦で分断した
東ドイツと西ドイツが一つになるには、米国・英国・フランス・ソ連の戦勝4大国の承認が必要だった。
冷戦時代の2つの軸の米国とソ連がカギを握っていたが、英国とフランスの同意なしには不可能だった。

彼らにはドイツも日本のようにぎこちない関係の隣国だった。特にフランスとドイツは19世紀と
20世紀に4回も覇権を争った敵同士だ。
1806年10月にナポレオンがベルリンを占領し、普仏戦争(プロイセンとフランス、1870-71)では
フランスが敗れた。第1次世界大戦(1914-18)でフランスが勝ったが、第2次世界大戦(1939-45)では
フランスが6週ぶりにパリを占領され、ヒトラーから屈辱を味わった。1989年11月9日にベルリンの壁が
崩壊した当時、フランスと英国は表面上は歓迎した。しかし「我々は一つの民族」というゲルマンの叫びに
戦犯国ドイツの悪夢を思い出して激しく反対した。西ドイツのコール首相の執拗な説得を拒否してフランスが
最後まで意地を張ったとすれば、1990年10月3日の統一ドイツは永遠になかったかもしれない。
(以下略)

中央日報
http://japanese.joins.com/article/288/251288.html


続きを読む