【動画】不滅の名曲・モンパチ「小さな恋のうた」から生まれた物語 気になるキャストは未だシークレット! 映画『小さな恋のうた』特報

説明

MONGOL800 の名曲「小さな恋のうた」。2001年に発売された収録アルバムはインディーズ史上初のオリコンランキング1位を記録。それ以来、60以上もの有名アーティストたちがカバー。そして常にカラオケチャート上位にランクインを果たし続け、平成最後の年末に合わせて第一興商が2018年11月に発表した「DAM平成カラオケランキング」では男性アーティストによる楽曲で堂々1位を獲得。

 この楽曲を元にした映画が作られることは、2018年5月に沖縄・宜野湾HUMAN STAGEを皮切りにスタートした、MONGOL800のデビュー20周年記念ライブでメンバーによって発表された。その後、昨年末より順次公式SNSに出演キャストと思われる人物が楽器などを手にそれぞれの「小さな恋のうた」を唄う特別PVが解禁され、にわかに話題を集めているが、いまだにキャストやスタッフ、物語などの詳細は謎に包まれている。

 そんな中、27日に行われた20周年記念ツアーのフィナーレを飾る“モンパチハタチ at 日本武道館”で、MONGOL800のメンバー(上江洌清作(うえず きよさく)、儀間崇(ぎま たかし)、髙里悟(たかざと さとし))が映画に出演していると明かした。メンバーの映画出演は初めてで、ファンからは歓喜の声が上がった。

 さらにこの発表に合わせて、映画のメインキャラクターが唄う、それぞれの「小さな恋のうた」の特別PVをまとめた、特報映像もWebで解禁。この特報では、いまだに正体不明の主要キャストが「小さな恋のうた」をそれぞれの楽器を奏でる映像と、メインボーカルとみえる少年が海に向かい情感たっぷりに歌い上げる姿が映し出されている。映画の公開は5月24日より。