【動画】千葉・野田市の心愛さん虐待死 母親に懲役2年求刑(19/05/16)

説明

千葉県野田市で当時小学4年生だった栗原心愛さん(当時10)が虐待を受けて死亡した事件の初公判で、傷害の幇助(ほうじょ)の罪に問われていた母親のなぎさ被告(32)に対し、検察側は懲役2年を求刑しました。検察側は「母親の責任を放棄し、虐待に同調した悪質な犯行だ」と指摘しました。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/