【動画】山の遭難者数が過去最悪 外国人旅行者は5倍にも(19/06/13)

説明

全国の山で去年1年間に遭難した人の数が最悪を更新したことが分かりました。 警察庁によりますと、去年、全国の山で遭難した人の数は前の年に比べて18人増え、3129人でした。遭難の発生件数も2600件を超え、遭難者数とともに統計の残る1961年以降、最悪になりました。外国人旅行者などの遭難者数は2014年から5倍以上に増え、111人に上りました。一方、水難事故では前の年に比べて死者数が13人増え、692人に上りました。海での事故が半数以上を占めましたが、中学生以下の子どもは河川での事故が45%を超えていたということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp