【動画】反対派と警官隊が静かに対峙“明日以降も抗議継続”(19/06/13)

説明

香港では12日、逃亡犯条例の改正案を巡って警官隊と市民らが激しく衝突しました。13日も議会前には大勢の市民が集まり、緊張が高まるなか、香港議会は審議を13日は行わないと決めました。香港議会前から報告です。 (千々岩森生記者報告) 香港議会に通じる歩道橋の上には13日も頑強なバリケードが築かれていて、20人から30人の警官隊が一歩も通さないという形で警戒にあたっています。そして、反対側を見てみると、13日も若い学生を中心に大勢の人たちが集まってきています。この歩道橋を埋め尽くさんばかりの数です。自分で書いた「暴力停止」や「悪法に抗うんだ」など、お手製のプラカードを掲げています。午前中には最大で1000人ほどにも上りましたが、ちょうどその時に「きょうの議会はなくなった」という一報があり、大きな歓声が上がりました。ただ、学生からは「小さな勝利ではあるけれども、14日以降も引き続きここで抗議活動を続けるんだ」という声が口々に上がっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp