【動画】学校がいじめSOS放置 被害受けた女児は視力障害に(19/06/13)

説明

いじめを1年半にもわたって放置していた。 大阪府吹田市の小学校に通う5年の児童は、2015年の秋ごろから約1年半にわたって同級生5人から足で蹴られたり傘でたたかれたりするいじめを受けていた。児童は学校生活を尋ねるアンケートに蹴られた、殴られたなどと記入。しかし、当時の担任教師は深刻ないじめはないと認識し、児童から話を聞くこともなく、他の教員や保護者とも情報の共有をしていなかったという。この児童はいじめにより左足を骨折。また、心理的なストレスが原因で視力障害になったという。児童の両親は、市長宛てに第三者委員会の設置を要望して調査を求めたが・・・。 吹田市教育委員会:「最初に調査するのは学校主体がいいというふうに捉えていて、その全貌を明らかにすることをまず第一に考えていた」 こう述べたうえで、学校の調査と同時進行で第三者委員会の調査を行えばもっと早い時期に報告ができたとして、第三者委員会の報告書にはSOSを出したにもかかわらず、学校が全く気付くことなく、いじめの長期化と深刻化を招いたと批判している。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp