【動画】【報ステ】日韓実務者が初会合 韓国では不買運動(19/07/12)

2019年7月13日

説明

日本政府が、韓国への半導体材料の輸出管理を強化してから初となる事務レベルの会合が、12日に開かれた。当初、韓国側は「規制強化の撤回を求める協議の場」としていたが、日本側は「管理強化の理由を事務的に説明する場」としかみておらず、両国の温度差がみられた。会合は、当初の見込みを大幅に超え、5時間半に及んだが、経済産業省によると、韓国側から撤回の要求や、WTO=世界貿易機関違反ではないかという発言はなく、日本側の説明に耳を傾けていたという。韓国産業通商資源部は「24日までに当局者同士の会議開催を提案した」と発表した。こうしたなか、韓国では日本製品の不買運動が起きていて、調査会社の調べでは「不買運動に参加する意向だ」と答えた人は67%に上っている。大手スーパーでは、日本のビールの売り上げが大きく下落したほか、日本への旅行予約が30%減った旅行代理店もあるという。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp